シネマ英語コラム
Column

シネマ英語コラム

 

アメリカ映画のレーティング

最近のアメリカ映画には児童、未成年者の映画視聴者のための目安として

レーティングがつけられています。
続きを読む>

映画は大衆の心と時代を映す鏡

大衆芸術はその時代と場所に生きる人々の嗜好と感性に訴えかけるもの。

たとえばアメリカの60年代を例に取り上げてみましょう。
続きを読む>

 

アメリカ映画は小説がお好き?

世界の映画産業の中心地、ハリウッドにとって小説や戯曲といった文学作品は

格好の”獲物”だったし、今でもそれは変わりありません。続きを読む>

 

英語の勉強に映画はこんなに役に立つ!

国際化の大きな波にすっぽり飲み込まれている日本にとって、英語をマスターすることはとても大切なことです。

日本の将来を担う若い人たちにとっては必要不可欠といえるでしょう。続きを読む>

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて