"People do belong to each other."
「人は互いに帰属しあうもの」



「ティファニーで朝食を」 Trailer

"People do belong to each other."
「人は互いに帰属しあうもの」
ティファニーで朝食を

ティファニーで朝食を 
Breakfast at Tiffany's (米、1961)
ブレイク・エドワーズ監督
出演:
オードリー・ヘップバーン、
ジョージ・ペパードほか

 

オードリー・ヘップバーン演じるホリー・ゴライトリーはニューヨークのアパートで名前の付いていない猫と住んでいた。夕方になると出かけては、たいてい夜明け頃に帰ってくる。アパートの玄関の鍵をなくすと、階上に住んでいる日本人の写真家のベルを押してドアを開けてもらうので、その度にかれに怒鳴られている。

ある日、ホリーのアパートにポールという青年が越してきた。

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

作家と称しているが、数年前に短編集を一冊出版しただけ。
頻繁に中年女が訪ねてきては夜中過ぎに帰っていく。そんな2人が出会い、そして恋をした…。

このセリフは People do not belong to each other.(人は誰のものにもならないわ)というホリーの言葉に対してポールが言ったもの。自由を謳歌しすぎて、独り身に飽きたときにはこの言葉をどうぞ。

・people 「人々、みんな」

・belong 「属する」

・each 「おのおの、めいめい」

・other 「ほかの、異なった」

 each other 「お互いに、お互いを」

 

I belong to the movie club.
(映画クラブに所属しています)

という風に、 belong to〜は「〜に所属する」の意味です。別の表現で言い換えたらこうなります。

I am a member of the movie club.
(映画クラブのメンバーです)

belongの持つこの「属する」という意味から、

This bag belongs to me. 
(このかばんは私のです)
というように、「所有する」の意味を表す表現としてよく使われています。なお、

Dictionaries belong in every home.
(辞書はどの家庭にあってもよいものだ)

のように、belong in〜 の形で使われることもありますが、これは「所属する関係」+「それがその場所にふさわしい」と、2つの意味を含んでいるわけです。

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて