"You have to live the life you were born to live."
「自分にふさわしい人生を生きること」



サウンド・オブ・ミュージック」 Trailer

"You have to live the life you were born to live."
「自分にふさわしい人生を生きること」
サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージック 
The Sound of Music (米、1965)
ロバート・ワイズ監督
出演:
ジュリー・アンドリュース
クリストファー・プラマーほか

 

ナチスの魔の手がじわじわと忍び寄るオーストリア。

修道院で長いこと修道女としての人生を送ってきたマリアは、修道院長の命令でトラップ大佐の家へ住み込みの家庭教師として送られた。

そこには一筋縄ではいかない7人もの子供たちがいたが、マリアは歌を通して互いに理解し、尊敬し合うようになる。

 

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

このセリフは、大佐に恋をしたマリアが怖くなって
修道院に逃げ帰ったとき、院長が彼女に「自分の思いのままに生きなさい」という意味で使ったもの。

自分の心を偽って生きようとする人、行動しようとする人に贈る言葉として、まさにもってこいではありませんか。

 

・have 「持つ」

 have to 〜の形で「〜しなければならない」

・live 「生きる、生活する」

 live a life 「生活する、生活を送る」

・born→ bear(生む)の過去分詞 

 be bornの形で「生まれる」

 We were born to run.(走るために生まれてきた)

 

life(人生、生活)は、動詞 live(生きる、生活する)の名詞形です。見出しの分は、このよく似た名詞と動詞を両方使っています。同じような意味なのですから、片方だけで充分ではないか、という意見もあるかもしれません。

でも、名詞形を使い、ワンクッションおいた表現にすることで味わいはずいぶんと濃くなるのです。

Can I take a look at a menu?
(メニューを見せていただけませんか?)

Can I look at a menu?
(メニューを見られますか?)

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて