"You must take your chances."
「冒険はしてみるべきだ」



老人と海 」 Trailer

"You must take your chances."
「冒険はしてみるべきだ」
老人と海

老人と海
The Old Man and the Sea (米、1958)
ジョン・スタージェス監督
出演:
スペンサー・トレイシー、
フェリッペ・パゾスほか

 

老人はメキシコ湾流に単身で小舟をこぎだしては魚をとっていたのだが、ここ84日間というもの、1匹も釣れていなかった。

はじめの40日間は1人の少年がついてきたが、その間、1匹も魚が釣れないために少年の両親は息子を別の船に乗り込ませた。

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

老人の頭は白く、身体はしわだらけで、
首の後ろには深いしわが溝になっていた。
両手のヒラには大きな魚を釣り糸で引っ張ったために出来た傷跡が深いしわになっていた。

彼はどこまでも老人だったが、目だけは別で、海と同じ色をしたその青い瞳は、生き生きと輝いている。

このセリフは海に乗り出してから85日目に、彼方にカジキマグロが飛ぶのを目にして口にしたもの。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざがあるように、成功をおさめるためには、時として危険を冒してみることが必要かもしれませんね。

 

take 「手に取る、つかむ」

chance 「運、偶然、機会」

 take one's chance 「運に任せてやってみる」

 

 

take(とる)といえば、かつてアメリカを代表するロックバンドにザ・イーグルスというグループがありましたが、彼らのデビュー・ヒットはこんなタイトルでした。

"Take it easy"(テイク・イット・イージー)

このフレーズでは日常会話でよく使われます。直訳すると、「かんたんに取りなさい」ですが、そうではなくて、「気楽に行こうよ、深刻にならないで」といった意味です。
考え込んでいる友達に肩をポンっとたたいて、Take it easy. と、そんな調子で言いましょう。
日本人がいう「ドンマイ」の感覚でしょうか。

そのほか、take a chance (危険を冒す、一か八かやってみる)、take the care(第1位)など、takeを含む熟語は、語の意味から類推されるものを裏切るケースが多いので、意味を良く確認してから使わないと怖いですね。

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて