"The joy of living is the joy of giving."
「生きる喜びは与える喜び」



恋人よ帰れ 」 Trailer

"The joy of living is the joy of giving."
「生きる喜びは与える喜び」
恋人よ帰れ

恋人よ帰れ
Lover Come Back (米、1961)
デルバート・マン監督
出演:
ドリス・デイ、
ロック・ハドソンほか

 

ニューヨークの広告会社に勤めるドリス・デイ演じるキャロルは仕事の虫で、毎日、契約の獲得に奮闘していた。

おりから、バージニアからワックス会社の社長ミラー氏が広告代理店を決めるためにニューヨークに来ていることを知り、ホテルに彼を訪ねる。

ところが同業のラムゼー商会の業務部長ジェリー(ロック・ハドソン)がミラーに酒と女をあてがって、彼との契約を横取りしてしまう。

 

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

憤慨したキャロルはジェリーの行為を商業道徳に
背いたものとして広告審議会に訴え、査問会にかける手続きをしたのだが…。

このセリフは契約争奪戦の最中に博愛主義の科学者ライナスになりすましたジェリーが、無邪気に本物と思い込んで近づいてきたキャロルに言ったもの。

貪欲になった自分や友人がいたら、この言葉を口にしてみてください。

joy 「歓び、うれしさ」

live 「生きる、生活する」

give 「(物を)与える、寄付する」

 

19世紀初期のイギリスの詩人ジョン・キーツはこうも歌っています。

A thing of beauty is a joy for ever.
(美は永遠の喜びなり)

joy(喜び)を生み出すものとして、美のほかに友情や結婚もあるでしょうか。

Friendships multiply joys, and divide griefs.
(友情は喜びを倍加し、悲しみを半減する)

Marriage halves our griefs, doubles our joys, and quadruples our expenses.
(結婚は悲しみを半分にし、喜びを2倍にし、出費を4倍にする)

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて