"Life goes on. It always does until it doesn't."
「人生は続いていく。いつだって終わるまではさ。」



アイズ・ワイド・シャット 」 Trailer

"Life goes on. It always does until it doesn't."
「人生は続いていく。いつだって終わるまではさ。」
アイズ・ワイド・シャット

アイズ・ワイド・シャット
Eyes Wide Shut (米、1999)
スタンリー・キューブリック監督
出演:
トム・クルーズ、
ニコール・キッドマンほか

 

トム・クルーズ演じる若くてハンサムな医師ハーフォードは美しい妻アリスと一人娘ヘレナの3人で何不自由ない豊かな暮らしを送っていた。
しかし、妻の浮気願望を聞かされた瞬間から彼の中で何かがはじけ、人生の歯車が狂い出す。

プライドを著しく傷つけられた彼はニューヨークの街をさまよい始め、危険な世界へと足を踏み入れる。

 

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

このセリフは、上流社会の人々の仮面パーティーに出席し
彼らの秘密に首を突っ込み詮索を始めたことから、ある登場人物がハーフォードに対して脅しの意味で言ったもの。

とはいえ、この表現は状況によっては「人生は続いていくものだから、あきらめないで頑張れよ」とのニュアンスで、激励の言葉としても使われます。

life 「命、生涯、人生」

always 「いつも」

until 「 - まで、 - するまでずっと」

 

Keep going on.
(続けてください)

go on という熟語は、continue(続く、続ける)の意味でよく使われますが、場面によっては様々な意味になるカメレオンのような言葉です。例えば、、

話し言葉でよく耳にするものに。「起こる、発生する」という意味の用法があります。今は亡きソウル・ミュージックの大御所マービン・ゲイに、"What's Going On"という名曲がありましたが、こんな風につかいます。

Hey, what's going on here?
(いったい何ごと?)

あるいは、

Go on (with you)! You are crazy.
(バカ言え、お前、おかしいぜ)

というように、相手が言った言葉に対して反語的に使われて、go onが「まさか、ばかな」という意味になってしまうケースもあり、中々複雑です。

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて