"Everybody's haunted by their past."
「誰だって過去につきまとわれてるものさ」



ビューティフル・マインド」 Trailer

"Everybody's haunted by their past."
「誰だって過去につきまとわれてるものさ」

ビューティフル・マインド

ビューティフル・マインド
A Beautiful Mind (米、2001)
ロン・ハワード監督
出演:
ラッセル・クロウ、
エド・ハリスほか

 

実在の数学者ジョン・ナッシュがノーベル賞に輝くまでの半生を描いた作品。

ラッセル・クロウ演じる天才数学者ジョンが同僚の大学教授マーティンと並んで歩くシーンで口にするセリフ。

実はジョンは精神的に異常で、視覚妄想がある。ほかの人には見えない人物が見えたりするのだが、この場面でも自分たちのすぐ横を歩いているものを指して、「あれは私の過去なんだよ、マーティン」。そして次がこのセリフ。みんな自分の過去にまとわりつかれているものだよ、と。

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

1人で悩んでいるときには、こんなセリフが救いになります。

・haunt 「悩ます、とりつく」 受動態(be動詞+過去分詞)で「とりつかれている」の意。

・past 「過去、過去の生活、経歴」

・It's all in the past. 「それはみんな過去のことだ(終わったことだ)」

 

everybodyという名詞は、たくさんの人を指す言葉ですが、文法上は意外にも単数扱い。
これによって動詞も影響を受けますし、この語を受ける人称代名詞も、通常は he、his、himなどの単数形で受けることになります。

たとえば、こんなふうに

Everybody has a dream of his own.
(誰もが夢を持っている)

しかし口語では、they、their、themなどの複数形で受けることも多く、したがって上の例文は下のように書き直すことが可能です。

Everybody has a dream of their own.

見出しの用例は、everybodyを theirで受けた口語表現だったのです。

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて