"Have some respect for yourself."
「少しは自尊心を持てよ」



「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 Trailer

"Have some respect for yourself."
「少しは自尊心を持てよ」  

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー
Back to the Future (米、1985)
ロバート・ゼメキス監督
出演:
マイケル・J・フォックス、
クリストファー・ロイドほか

 

高校生のマーティはブラウン博士が発明した車に乗って、1985年から30年前の世界へタイムスリップした。

そこではマーティの母になるはずの女の子ロレーンが、こともあろうにマーティにひと目ぼれ。
しかも、彼の父になるはずのジョージはなんとも気の弱いいじめられっ子ときている。もし、ロレーンとジョージが結婚しなければ、マーティはこの世に存在しないことに…。

シネマ英語コラム

つぶやいてます。

シネマ英語の基礎知識から、為になる話、ウラ話。うーん、なんだか映画館に行きたくなってきました。

公式アカウント
@cinemaeigo では、シネマ英語の決めゼリフをどんどんつぶやいています。フォローミー!

このセリフは、悪童たちにいじめられても
ニタニタしているジョージに、やがて市長になる黒人のウエイター、ゴールディが言ったもの。
Stand tall.(もっと胸を張っていろよ)を意味する、良く使われる表現です。

・respect 「敬意、尊敬、重視」

 with all respect for your opinion 「ご意見はもっともですが」

・yourself 「あなた自身」

 Be yourself 「普段通りの自分でいなさい、自然体で」

 

yourself、themselvesなどなど、英語はよく oneself(〜自身)という言葉を含んだ表現が登場します。たとえば、

You'd better look after yourself. (自分のことは自分でするべきだよ)

I bought myself a new T-shirt. (新しいTシャツを買った)

Don't abandon yourself. (自暴自棄になるな)

She has hurt herself. (彼女はけがをした)

こんな言い回しがごく自然に口から出てくるようになると、だいぶ英語が板についてきた感じです。

TOPへ
心癒されるセリフ集 / 元気が出る言葉たち
愛は限りなく、そして… / 人生とは?生きるとは?

コラム / 収録作品一覧 / このサイトについて